ハロー薬局 南浦和駅前店

minamiurawaekimae

どちらの医療機関の処方箋にも対応できる体制を整えています。
静かなオルゴールの曲が流れる、落ち着いた雰囲気のウッドテイストな待合室で、飲み物をお召し上がりになりながらお待ち頂けます。

また、ゆっくりとお掛けになってご相談頂けるスペースも設けております。 

病気や薬の確かな知識を持ち、且つ患者様と適切にコミュニケーションのとれる薬剤師が、皆様のお越しをお待ちしております。 

他薬局よりきめ細やかなサービスを提供して参ります。

設備紹介

調剤監査システム

わたしたちハロー薬局の仕事において、正確さより優先されるものはありません。 薬の間違い、数量の間違いはあってはならないことです。患者様の安全を守るために調剤監査システム 『audit』 を導入しております。

 

調剤監査システムにはたくさんのメリットがございます。

①バーコード及び画像撮影による薬種確認、重量計測による錠数確認を一度におこないますのでスピーディーかつ正確な監査が可能

②監査作業を実施することで自動的に監査記録が保存でき、過去の履歴を呼び出し閲覧や印刷をすることも可能

③調剤過誤防止のための薬剤師の精神的な負担を和らげるとともに、頼れるパートナーとして活用

  

スタッフ一人一人がお薬を通じて大切な患者様が健康になる、その一役を担っていることを常に考えながら業務に取り組んでおります。

無菌調剤室

点滴用薬剤を調合できるクリーンルーム(無菌調剤室)、無菌の施設内で栄養を補う輸液などの点滴用薬剤を調合、どのような状況の患者様にでも在宅調剤を提供できる、地域医療に貢献する薬局を目指しています。

①かかりつけ医師からの医薬品・点滴用薬剤を届ける指示
②処方箋をもとに医薬品点滴用薬剤の調合を行う
③患者様宅に訪問し服薬指導のほか、患者の状態などを確認
④医師に患者様の状態などについて報告

 

点滴による療養が必要な患者様は入院を余儀なくされることが多かったのですが、医療費抑制を目指す国の方針は在宅療養を推進することであり、在宅療養患者様は25年に現状の2倍近い29万人に達する見通しです。クリーンルームは主に医療機関が入院患者様向けに導入しており、地域のドラッグストアや調剤薬局の導入はまだ多くありません。私たち調剤薬局が担う支援拠点としての役割は高まりそうだと考えております。

地域コミュニティへの支援 

啓蒙活動​

地域コミュニティより依頼を受け、薬局と薬剤師の役割、介護支援専門員との連携などに関する講演を行ないました。

 

2019年6月12日【薬剤師の役割と連携について】さいたま市南区

2019年5月14日【薬局と薬剤師】さいたま市南区

アクセス JR京浜東北線・武蔵野線「南浦和駅」より徒歩1分

うらわメンタルクリニックとなりです。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

Ⓒ 2020 Hello Corporation All rights reserved.